知っておきたいマナー

内祝い

社会人になると知っておかなければならないマナーも多く、それができて初めて一人前の大人として認められます。結婚をしたら冠婚葬祭のルールやマナーは心得ておきたいものです。特に、子供の出産というめでたい出来事に際して、周囲からお祝いを頂く機会もあるので、できるだけ定形どおりにそつなくこなしておきたいものです。まず、出産祝いを頂いたら、そのいただきものの半分の金額の内祝いをお返しすることがマナーになります。出産の内祝いに限ったことではありませんが、冠婚葬祭は型どおりに行うことが好ましいと考えられているので、良い機会だと考えてこの機会に学んでしまいましょう。内祝いは出産後にいただく贈り物です。出産後というのは体調が優れなかったり、来客も多くてバタバタしていますが、まずはお電話やお礼状で感謝の気持を丁寧に伝えます。その後、遅くとも2ヶ月以内には内祝いを贈るようにします。内祝いは半返しが基本となります。昨今はインターネットを検索すればいただきものの相場がわかるので、贈り物の価格を調べやすくなりました。半返しのルールは実に合理性があり、相手に負担にならない程度の金額のものをお返しすることがマナーです。

金額や相手の好みを考えて

内祝い

出産の内祝いを出す時には、いただきものの金額と相手の好みを考えて贈ることが大切なことです。相手の負担にならない代表的なものは、消え物です。老舗の和菓子やお茶、それに人気のパティシエの焼き菓子などが喜ばれます。消え物というのは消費をすることができ、跡形も残らないので、内祝いを受ける側の負担になりにくいと考えられていて、歓迎される向きがあります。また、相手の嗜好にそれほど左右されることはないので、お返しをする側の負担も少ないです。ただし、出産祝いの金額が高額になると消え物では足りない場合もあります。そのような場合には、相手の好みを考えながら贈り物を選ぶことが好ましいです。半返しが1万円以上にもなると、高級タオルやカップアンドソーサーが喜ばれます。相手の好みがわかれば良いですが、わかりにくい場合には知名度の高いメーカーやブランド物を選べば失敗は少ないです。半返しで注意したいのは、安すぎたり高すぎたりしても失礼になってしまうことです。半返しが安すぎてしまうと失礼になりますが、高ければ相手の負担になります。よくわからない場合には、基本を忠実に守りましょう。

広告募集中